本日のご依頼はパーマ液の付着による脱色してしまったジャケットの襟の復元です。
パーマ液と言えば1液はあの薬品、2液はあの薬品と思いだしながら慎重にシミ抜きをします。

この度の事例はシミ抜きというよりはパーマ液が付着してしまったため生地の地色が脱色してしまったようです。
まずはいつも通りのシミ抜き作業をしていきます。
やっぱりシミ抜きではなんの変化もありません。
ですので地色に戻す色を自分なりに想像してつくります。
そして補色。

なんとか脱色がわからない程度まで戻りました。
毎回新しい発見があります。
このような衣類のシミでお困り事は当店にお気軽にお問い合わせください。

[`yahoo_buzz` not found]
LINEで送る